iTerm2・ターミナルの見た目をカスタマイズした

書くことを続けるための備忘録小ネタ。

terminal使うこと増えてきて、ふと調べた時にiTerm2がいい感じとのことだったので、とりあえずで使っていたのだけど、タブくらいの機能しか使ってなかった。

で、以下の記事をみた。
https://qiita.com/kinchiki/items/57e9391128d07819c321

めっちゃダサいらしい。たしかに。

 

とにかく変えたいなと思ったのは、ユーザー名的なところ(ターミナルでコマンド打つ前に出ている$前の部分)
ここの色を変えて、コマンド振り返る時にパット見てすぐわかるようにしたいと思いました。

はじめこの$前の名称がわからず調べ方よくわからなかったけど、良さげな記事が見つかった。
http://www.yoheim.net/blog.php?q=20140309

$ nano ~/.bashrc

で.bashrcを開いて、上の記事を参考に以下のPS1="ゴニョゴニョ"の行を追加した。

ちなみに私の.bashrc さっぱりしてた。これからどんどん汚れていくのかも。

# Alias
alias raspi='ssh pi@raspberrypi.local'
# Terminal Style
PS1="\[\033[34m\]\h:\W\[\033[0m\]$ "
CONDA_PS1_BACKUP="\[\033[34m\]\h:\W\[\033[0m\]$ "

alias ゴニョゴニョは、ラズパイはいる時のコマンド省略バージョン(今回の話では無関係なのでスルー)

2つめ、ここでターミナルの $前の文章をカスタマイズしている。
PS1="ゴニョゴニョ"を書くことで文法に沿っていれば変更できるはず。

ただ、これだけだと anaconda, minicondaで作った環境に移動した時、PS1って設定が反映されていないっぽいので、別途用意する必要がありました。そのため CONDA_PS1_BACKUPって行を追加しました。
これないと、普段どおりの表示だった。

これについてはこちらが参考になった
https://qiita.com/meshidenn/items/100c7375e96458cc46ea

PS1というのはbashにおいての環境変数のようなものらしい。

一応書いておくと、./bashrcはターミナル起動時に呼び出されるわけではないので、毎回この設定を反映させるためにも、~/.bash_profile に~./bashrcを呼び出す処理を書いておく必要がありまして。

$ nano ~/.bash_profile

てしてから最後の行に source ~/.bashrc と追加するなどすれば、
ターミナル起動→ bash_profileが実行されて、最後の行でbashrcが呼ばれて→ターミナルにPS1の設定が反映される。

以下がわかりやすいかも。
https://qiita.com/magicant/items/d3bb7ea1192e63fba850

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。