openCV3/4のメモ

openCV3/4のメモ

要約

openCv4をopenframeworksで使うまでの手順。
プロジェクトの生成については、ほかサイトで見なかった簡単な方法をメモ。
めちゃ雑記です。

概要

oFでopenCV3とか4とか使ってみます。
この記事この記事にそって進めてみる。
opencv4でないといけないことは特にないです。ただただBackgroundSubtractorを試してみたかった。
後日また雑な記事かきます。テストの動画だけ貼っときます。なにかのための証拠。

環境とりあえずMac

openCVのinstall

まずはopenCV3 or 4のインストール。
※ 基本最新で上書きされるっぽい。3,4を共存させる方法もあるらしいが、自分は openCv4.1.0でこれといって不具合はないので、opencv4のみになっています。

brew tap homebrew/scienceは使えなくなったらしい。参考
そのため brew tap brewsci/science こちらのコマンドで環境アップデート。

  • opencv3の場合
    brew install openCV3で入れる。
  • opencv4の場合
    opencv4についてはこちらが詳しい。
    brew upgrade opencv でopenCV4(最新版 ex: 4.1.0)を入れる。
途中xcodeのコマンドラインをインストールしてね的なエラーが出たので、xcode-select --installをして、再度upgradeかけると、エラーなく無事完了した。  
過去に入れた気がするのにと思っていたけど、どうもOSをアップグレードすると再度入れる必要があるらしい。  

普通にすすめると、たいていは/usr/local/Cellar/opencv/が更新されるはず。

Xcodeで新規プロジェクト作成

色んなサイトでは以下の方法があげられていたが、パス間違える可能性があったり、記入が面倒だったりなので、個人的にはおすすめじゃない。

紹介されていたプロジェクト生成方法

open
  1. Project.xcconfigでOPENCV_PATHを設定 パスは適宜変えてください。
//OpenCV3
OPENCV_PATH = /usr/local/Cellar/opencv/3.4.1_2
//OpenCV4
OPENCV_PATH = /usr/local/Cellar/opencv/4.1.0_2  
  1. BuildSettingsのHeader Search PathsにOpenCVのインクルードパスを追加
    $(OPENCV_PATH)/include/opencv4

  2. Build SettingsのOther Linker Flagsに必要なdlybを追加
    ここが面倒、、

openCV4をインストールすると、libフォルダにdylib以外に.aファイルもありました。
これらおそらく中身は同じですが、動的ライブラリか、静的ライブラリかの違いがあります。  
こちらでは動的のほうがファイルサイズ小さく、使用メモリも少なくできるっぽい。
dylibを追加するのが面倒な場合は、
.aファイルをGeneralのLinked Frameworks and Librariesにドラッグドロップしても起動可能です。

(たぶんProject.xcconfigのOTHER_LDFLAGSこのあたりの設定でどうにかなるのだけど、、)

#include <opencv2/core.hpp>ここでリンク貼れてないよってエラー出たけど、単純にheader search pathに$(OPENCV_PATH)/includeを入れてないのが原因でした。

おすすめの生成方法

ProjectGeneratorでプロジェクトを作り、

  1. プロジェクトのSearchPaths > HeaderSearchPathsに/usr/local/Cellar/opencv/4.1.0_2/include/opencv4 を追加。
  2. /usr/local/Cellar/opencv/4.1.0_2/libから必要なdylibを General>LinkedFrameworks and Libraries にドラッグドロップで追加

どのヘッダ呼び出すときにどのlibが必要になるのか、どこを見ればいいんだろう。。。今の所勘で追加しています。。。
このやり方が簡単安定な気がする。Debug/Releaseで変更の必要ない?1だと必要かもだけど。

画像は適当に追加したのでごちゃっとしています。どうやらdylibなど動的ライブラリのほうが実行ファイルが軽く、メモリの消費を抑えられるとかどうとか。。。

ofxCvとの連携と利用

oFでopenCVを扱う際に、関数群を使いやすくまとめてくれているofxCvを使うとめっちゃ便利。

ProjectGeneratorでofxCvのみ追加してプロジェクト生成。
あとは、上の1.2.を同様に。
なんかもしかしたら、もうちょうっと設定必要だったかも。わすれてもうた。


おまけめも

ofxOpenCvDnnSegmentation など

やはりどこにでも先人がいるもので、馬場先生のofxOpenCvDnnSegmentationがあった。openCVのdnnライブラリをいろいろまとめてらっしゃる。

配布されていたopencv2.aでうまくいかなかったので、自分でメイクしてみる。参考

が、原因はどうもそこではなかった。ので、makeの手順は隠す。

makeの手順
  1. python build_framework.py osxを実行するが、python3ではうまくいかないみたい。
    自分の場合は python2 build_framework.py osc とするとうまくいった。
    python -Vでバージョンを確認したり、which python, which python2でpythonの2.7以上が使われているか確認するとよさそう。
    参考1 参考2

エラー(returned non-zero exit status 65)について
** BUILD FAILED **

The following build commands failed:
    CompileC /Users/hiraoshugo/openCV/opencv-4.1.0/platforms/osx/osx/build/build-x86_64-macosx/modules/world/OpenCV.build/Release/opencv_world.build/Objects-normal/x86_64/opencl_kernels_video.o /Users/hiraoshugo/openCV/opencv-4.1.0/platforms/osx/osx/build/build-x86_64-macosx/modules/world/opencl_kernels_video.cpp normal x86_64 c++ com.apple.compilers.llvm.clang.1_0.compiler
(1 failure)
============================================================
ERROR: Command '['xcodebuild', 'MACOSX_DEPLOYMENT_TARGET=10.12', 'ARCHS=x86_64', '-sdk', 'macosx', '-configuration', 'Release', '-parallelizeTargets', '-jobs', '4', '-target', 'ALL_BUILD', 'build']' returned non-zero exit status 65

こんなエラーでた。どうやらcmakeのバージョン(3.10.2)がダメらしい。参考
てわけで、cmakeのupgrade

cmake --version
// cmake version 3.10.2
brew upgrade cmake
// .....
cmake --version
// cmake version 3.15.2
python2 build_framework.py osx
// .....

  1. python build_framework.py –contrib <opencv_contribへのパス> osx

そんなこんな。。

結論、こちらのように#include "opencv2/imgproc/imgproc_c.h"をofxCvのWrappers.hに追加した。

modelデータは以下から直接落とした。
http://dl.caffe.berkeleyvision.org/fcn8s-heavy-pascal.caffemodel


最近いろんな出会いがあって楽しい。特に音楽やってる人とよく出会う。
春よりも春らしい。

明日は学生CGコンテスト25周年のパーティーにいってきます。
夏がもうすぐ終わるからね。季節の変わり目。春の訪れ。
秋はいずこへ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。