ofxGLSLSandboxファイル監視して更新したら自動で反映

openFrameworksでshaderを使いこなせるように勉強中です。

いろいろ試すのに、yoppa先生製のofxGLSLSandboxってアドオンがとても便利そうです。( https://github.com/tado/ofxGLSLSandbox
GLSL Sandbox( http://glslsandbox.com/ )ってサイトで誰かが描いたシェーダーをコピペでポンで動くみたいです。

 

至極恐縮ですが、ofxGLSLSandboxを少し改造して、自動でファイル監視してcmd+sとかでファイルを更新したら自動で描画に反映されるようにしました。https://github.com/shiyuugohirao/ofxGLSLSandbox

取り急ぎ、OSX oF0.10.0でのみテストしました。

以下シェーダー勉強しながら思ったことをメモしておきます。📝

openFrameworksでshaderを書く際は、bin/dataフォルダにshaderフォルダを作って、そこに.fragや.vertを置いておくことが多いと思います。私の場合は。

雑な紹介ですが、
以下みたいにXcode上でファイルを紐付けると同じプロジェクトファイル内でshaderも編集できるのでいい感じでおすすめです。


srcで右クリックー> Add Files to ~~~


shaderフォルダなどをAdd


oFのプロジェクト内で .frag .vertなど編集できる!

他にもっといいやりかたあるかもだけど。

 


ついでにopennFrameworksでファイル更新の監視プログラムについても。

調べてみたらC++のfilesystemライブラリの中にファイル更新時の取得ができる関数がありました。

string fileName =  ofToDataPath("absolutePath.ooo", true);
long latestUpdate = std::filesystem::last_write_time(fileName);

ポイントは絶対パスを指定するところ。恐らくこうしたほうが確実に更新日時取得できるはず。
ファイルパスをうまく指定できないと、last_write_timeが実行されたときに、ファイルが見つからず落ちてしまうので、パスが正しいかどうかのチェックを入れてから実行するべき。
今回は、ofFile::doesFileExist(fileName)) で一応チェックしてから更新日時取得するようにしてます。

あとは、update()のなかで毎フレームチェックするか、重そうならif(ofGetFramerate()%10==0) みたいにして数フレームごとにチェックするかすればよき。

ちなみに、last_write_time の戻り値は 例えば 1234205545 みたいな整数が返ってくる。
どうやら「1970-01-01 00:00:00からの経過秒数で最終ファイル更新日時」とのこと。(参考)

今回は更新日時に変化があるかどうかだけ見れば良いので、整数のまま比較して〜ごにょり。

詳しくは、改造しましたソースコード を見ていただけると。
ぇぃゃーで公開しているので何かあればコメントいただけると🙏

shaderいっぱい試してがんばります👩‍🎨

http://glslsandbox.com/e#45998.0